横書きの文章を綺麗に書くための2つのコツ〜読みやすい文章とは?

横書きの文章を綺麗に書くための2つのコツ〜読みやすい文章とは?

横書きの文章を綺麗に書くためにはどうしたらいいのか?できるだけ簡単に2つのポイントをご紹介します。横書きの文章が読みやすく綺麗に見える見せ方があります。

 

横書き文章を読みやすくするためのコツ

 

日本語の特徴

 

日本語の特徴は縦書きを想定していることです。

 

少し書道の話になりますが、毛筆で漢字やひらがなを書く場合、縦書きの方が書きやすいです。

 

例えば、文字を少し崩した行書という書体があります。行書は2つの文字を繋げて書くこともあるのですが、縦にしか繋げる事ができません。

 

横書きの行書は1文字毎に崩すことはあっても、横に繋げることはしないのです。というか、できません。

 

また、平安時代に確立した『かな』というジャンルもありますが、やはり縦に繋げて書き、横につなげることはありません。だから、短冊は細長なのです。

 

逆にアルファベットの場合、筆記体は横に繋げますが、縦に繋げることはないですよね。そもそもアルファベットは縦に書きませんが。

 

日本語の本来の特徴としてはアルファベットの逆で、縦書きが書きやすく、横書きは書きにくいという事になります。

 

この事を踏まえ、横書きの文章を綺麗に書くための2つのコツをご紹介していきます。

 

 

横書きの2つのコツ

 

2つのコツは以下になります。

 

  1. 字粒を揃える
  2. 中心に揃える

 

1文字毎に綺麗に書くことも重要ですが、文章としてみた場合はこの2つのコツを抑える必要があります。

 

仮に1文字1文字がとても綺麗でも、バラバラに書かれていると文章は綺麗に見えません。

 

※横書きの文章を綺麗に書くための2つのコツ

 

逆に、1文字毎はそんなに綺麗に書けていなくても、字粒が揃って、中心も揃っているのなら読みやすい文章になります。

 

字粒を揃える

 

1つの文章は同じ大きさの字粒で書くことが基本ですが、更に読みやすくするためには以下の割合を参考にしてください。

 

  • 普通の漢字:10(基準)
  • 画数の少ない漢字:8
  • ひらがな:7

 

このように文字の大きさに変化を付けてあげると読みやすい文章になります。

 

ただし、これは簡単ではないので、初心者は全ての文字の字粒を揃えることに集中した方が良いでしょう。

 

 

中心に揃える

 

文章は中心が揃っていると読みやすくなります。

 

※文章は中心が揃っていると読みやすくなります。

 

イメージは串にささった団子や焼き鳥です。中心が揃っていると文章はバランスよく見えます。

 

ただし、これも初心者は慣れるまで大変です。中心を揃えるのが難しければ、下辺を揃えるという手もあります。

 

※文章を読みやすくするために下辺を揃える

 

下辺を揃える方法の方が、初心者は書きやすいです。ただし、文字によっては下辺の線を飛び越えてしまう事もあるので注意してください。

 

下辺で書くことに慣れたら、中心を揃える書き方に移行することをお勧めします。

 

 

まとめ

 

  1. 字粒を揃える
  2. 中心に揃える

 

この2つのポイントによって文章は格段に見やすくなります。

 

初心者は戸惑うかもしれませんが、これに関しては慣れなので、何度か練習しているうちに書けるようになってきます。

 

普段から意識して、何気ない習慣にしてしまいましょう。

page top