きれいな字.com

きれいな字とは?

字を書くのが苦手な人にとって、きれいな字とはどのような文字の事を言うのでしょうか?「字がきれいになりたい」と漠然と考えても、どのような字か分からないと前進しないものです。

 

字がきれいになりたい

 

書道の世界

 

書道の世界があります。毛筆で堂々とした文字は、大河ドラマの題字になったり、お店の看板、メユーの文字、賞状の文字、垂れ幕の文字等に使われます。

 

中華圏の国で親しまれている書道、日本でもとても親しまれていますが、ちょっと特別な世界ですよね。一般人が書道って、なかなか少ないと思います。

 

初めのうちは書道の世界と一般的なきれいな字は分けて考えた方がよさそうです。

 

一般的にきれいな文字

 

一般的に使われる中でのきれいな文字とは、読みやすい文字の事を言うのだと思います。自分が書いた書類が、誰が読んでも普通に読める。子供に見せても恥ずかしくな。そんな文字の事でしょう。

 

文字を見た人が「わ〜上手!」と言うような美文字は、ワンランク上の世界です。文字に対してのコンプレックスがある場合は、まず、誰にでも読める普通の文字を目指しましょう。

 

普通にきれいな文字

 

ワンランク上の美文字は少し時間が掛かりますが、普通にきれいな文字なら、誰にでも書く事ができます。あなたが今書いている文字を修正していけば、誰にでも読める普通の文字になります。

 

きれいな文字を書くためには、3つのポイントがあります。この3つのポイントを抑えることで、確実に文字は変わります。是非挑戦してみてください。

 

>>>綺麗な字を書く3つの法則〜今日から美文字になる方法

 

上達するために

 

きれいな字は子供の時から習字教室に通っていないと無理!と考えている人がたくさんいます。でも、実際は子供も大人も関係ありません。自分の意識次第でいくらでも上達できます。

 

上達するために最も大切なことは意識です。上手になりたいという意識が強ければ、上達速度は加速していきます。

 

そして意識が強くなると、上手な字に目が留まります。

 

  • 学校で「この先輩、見た目と違ってきれいな字を書くな…」
  • 会社で「部下の伝言の文字は読みやすいな…」

 

様々な文字に目が留まると、自分の目が肥えてきて、どんな字がきれいな字なのか?自分はどんな字が書きたいのか?いろいろと考えるようになります。

 

初めのうちはぎこちないかもしれませんが、まずはきれいな字を書きたい!という意識を持ってみてください。

 

きっと、あなたの文字は変わってくるでしょう。


きれいな字はセンスでは無く、長年の修行の成果でもありません。書き方を知るだけです。最も手っ取り早いのが人に教えてもらう事。通信講座なら誰にも知られずに気軽に学べます。

>効率的にきれいな字を手に入れる!通信教育・書籍の比較<

page top