中学生の「字がきれいになる方法」

中学生の「字がきれいになる方法」

中学生のお子さんの字が汚い。そう思っている親御さんは少なくありません。中学生の「字がきれいになる方法」はどうしたら良いのかを考えてみます。

 

文字を修正する為に

 

中学生になると…。

 

中学生になると小学生の時と明らかに状況は変わります。小学生の時であれば、文字の修正は難しくありません。しかし、年齢を重ねることで修正は難しくなります。本人の気持ち次第で幾らでも修正や上達は可能ですが、それはあくまで本人次第です。

 

年齢を重ねることで、文字を書く癖は固まってきます。鉛筆の持ちかた、書くときの姿勢、そして字形。小学生の時、特に癖が固まる前の低学年の時は修正は難しくありません。しかし、単純に年齢を重ねるごとに難しくなるのです。

 

癖の修正は不可能?

 

では、ついてしまった文字の癖は修正不可能なのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません。

 

文字の癖は年齢に関係なく修正することができます。それは、若ければ若いほど可能性が増します。学生時代は字が下手で悩んでいたいのに、大人になってから文字を学び始め、師範になってしまった人はたくさんいるのです。

 

まして、中学生であれば、必ず綺麗な字が書けるようになります。

 

中学生になれば…。

 

中学生になれば、大人と同じ修正方法や練習方法で大丈夫です。つまり、大人に有効な美文字本であれば、中学生にとっても有効です。大人にとって有効な通信講座であれば、中学生にとっても有効です。
※美文字本は当たり外れが大きいので注意してください。

 

中学生くらいだと、上達のきっかけを掴むと、上達速度は大人の比ではありません。この頃の適応能力は大人よりも遥かに優れているので、一気に文字が上達する可能性があります。

 

上達を早めるために

 

大人も中学生も、最も重要なことは意識です。

 

  • 字が上手になりたい!
  • どうしたら字が上手になる?

 

この意識が強ければ強いほど、上達速度は速くなります。

 

逆に、全く文字に関心が無ければ、文字はどんどん悪くなっていきます。中学生くらいの時は、両極端に振れる可能性があるのです。これは、文字だけに限った事では無いですよね。

 

文字はちょっとしたコツを掴むことで綺麗に書けるようになります。もちろん本格的に学びたいと思ったらたくさん練習が必要ですが、一般的に見やすく好感の持てる字を書くのはちょっとしたことなのです。

 

>>>綺麗な字を書く3つの法則〜今日から美文字になる方法

 

中学のうちからこのコツを知っていれば、大人になってから文字に対してのコンプレックスを持つことは無いでしょう。

 

お子さんの字が上手になるために、まずは親御さんが基本のコツを学んでみてください。


きれいな字はセンスでは無く、長年の修行の成果でもありません。書き方を知るだけです。最も手っ取り早いのが人に教えてもらう事。通信講座なら誰にも知られずに気軽に学べます。

>効率的にきれいな字を手に入れる!通信教育・書籍の比較<

page top