小学生が「字がきれいになる方法」

小学生が「字がきれいになる方法」

お子さんの字に悩んでいる親御さんはたくさんいます。小学生が「字がきれいになる方法」はどうしたら良いのかを考えてみます。

 

字は一生の宝物

 

小学生はどうにでもなる

 

小学生であれば、少しのきっかけで、文字が汚くなる事も、文字がきれいになる事もあります。小学生の時に字がきれいになれば、将来字が汚くて悩むことは無いでしょう。

 

逆に小学生の時に字が汚いままだと、いずれは修正しなくてはいけない時が来ます。年齢を重ねると修正は難しくなるので、できれば小学生のうちから綺麗な字に仕向けたいところです。

 

それでは、小学生の時から習字教室に通えば字がきれいになるのでしょうか?

 

習字教室ときれいな字

 

小学生の時、習字教室に通う子もたくさんいると思います。書道コンクールで賞を取る子供もいるでしょう。ここで1つ注意する事は、習字を学んでいる子供がきれいな字になるとは限らないと言う事です。

 

勿論、習字教室に通う事で、普段書いている字も綺麗になる子供もいます。しかし、習字は上手に書けているのに、普段書く文字が汚い子供もいます。

 

不思議な現象に感じますがこれは事実です。理由は幾つか考えられますが、まずは性格の違いが原因に上げられます。

 

鉛筆の持ち方

 

本当に正しい鉛筆の持ち方を知っていますか?

 

鉛筆は力を入れません。その為に、長い文章を書いても疲れません。この持ち方は、大人になってから修正するのはとても困難です。

 

もし、あなたのお子さんが「ぎゅ〜っ!」と力を込めて書いていたら修正してあげてください。そもそも文字は、正しい姿勢、正しい持ち方で書かれる事を前提で作られています。鉛筆の持ち方はきれいな文字を書く際の第一条件になるのです。

 

意識だけで変わる

 

正しい鉛筆の持ち方ができたら、きれいな字とはどんなものなのかを意識付けしてあげます。きれいな字とは小学生の時であれば教科書の印刷の文字で構いません。できるだけ、教科書の文字のように書く事を意識させてください。※明朝体(活字)ではなく教科書体です。

 

子供はきっかけを与えると自分で増幅させていきます。

 

つまり、「教科書の文字のようにきれいな字を書く事は良い事」と刷り込むことで、普段、学校でノートに文字を書く際も頭の片隅に「きれいな字を書く」と言う意識が残り、勝手に意識を高めていくのです。

 

意識の高い子

 

前出の習字教室の話ですが、まさに意識の違いが出るのです。意識が高くて習字教室に通っている子と、意識が薄く習字教室に通っている子では、普段書く文字が全く異なってきます。

 

ちなみに、習字の作品自体はそんなに差が出ません。なぜなら、その場でお手本を見て書くと言う作業は、見たままを具現化する器用さがあればできてしまうからです。

 

スパルタは意味が無い

 

では、スパルタ教育で字が上手になるかと言えば、なりません。大切な事は、「鉛筆は正しく持つのが良い事」「字は教科書のようにきれいに書くのが良い事」という価値観を植え付ける事です。この価値観の植え付けに成功すれば、子供は勝手にきれいな字を書くようになります。

 

子供にきれいな文字の価値観を植え付ける前に、まず親御さんがきれいな文字への知識を深める事をお勧めします。大人になると実際に鉛筆の持ち方を修正したり、くせ字を修正する事は困難でしょう。しかし、やろうとする気持ちが必ず文字に現れてきます。

 

おススメは美文字セミナーや硬筆の教室に通うことですが、美文字の通信講座でも十分上手になります。※美文字本は当たり外れがあるので一概に言えません。

 

大変だとは思わずに、楽しむつもりで実践してみてください。

 


きれいな字はセンスでは無く、長年の修行の成果でもありません。書き方を知るだけです。最も手っ取り早いのが人に教えてもらう事。通信講座なら誰にも知られずに気軽に学べます。

>効率的にきれいな字を手に入れる!通信教育・書籍の比較<

page top