きれいな字の書き方〜漢字〜

きれいな字の書き方〜漢字〜

 

漢字をきれいに書きたいと思っても、漢字はたくさんあるのでどうしたら良いか分からなくなります。そんな時は小学校1年生で習う漢字だけに集中するだけでOKです。

 

画数の多い漢字は、基本的な文字の組み合わせで成り立つ場合が多いので、基本的な文字を知っているだけで、その他多くの文字に応用が効くようになります。

 

小学1年で習う漢字(80字)

【1画】一
【2画】七九二人入八力十
【3画】下三上千口土夕大女子小山川
【4画】中五六円天手文日月木水火犬王
【5画】出右四左本正玉生田白目石立
【6画】休先名字年早気百竹糸耳虫
【7画】花村男町見貝赤足車
【8画】学林空金雨青

漢字をきれいに書く場合、上記の小学1年生の漢字をマスターするだけで、結構変わってきます。

 

正しい形を知る

 

漢字をきれいに書くためには、変に格好を付けて書くよりも、正しい形を普通に書く事が大切です。基本的な漢字だけで良いので、正しい形を知りましょう。

 

きれいな字の書き方〜漢字〜正しい形を知る

 

曲線と直線

 

漢字は主に直線で構成されていますが、時に曲線も混じります。曲線をしっかりと意識して書く事で、メリハリのあるきれいな字になります。

 

きれいな字の書き方〜漢字〜曲線と直線

 

筆順を守る

 

漢字には文部科学省が定めた正しい筆順があります。筆順は漢字の成り立ちや、正しい形になる為に決められています。難しい漢字の筆順は熱心に覚える必要は無いですが、基本的な漢字の筆順は押さえておきましょう。

 

きれいな字の書き方〜漢字〜筆順を守る

 

「とめ・はね・はらい」は忘れて

 

習字では「とめ・はね・はらい」などと言われますが、正しい字形がとれる前に「とめ・はね・はらい」をすると、字はきれいになるどころか更に汚くなる可能性があります。基本をマスターするまで「とめ・はね・はらい」は忘れましょう。

 

きれいな字の書き方〜漢字〜「とめ・はね・はらい」は忘れて

 

中心を意識する

 

文字は真ん中を意識して書きます。例えば枠がある場合、上下の間隔、左右の間隔が均等になるように意識します。

 

きれいな字の書き方〜漢字〜中心を意識する

 

実は画数が少ない文字の方がバランスを取るのが難しいと言われています。画数が少ない漢字のバランスが取れれば、画数の多い文字は比較的簡単に感じます。ホントだよ♪

フォントの選択ができる場合、『教科書体』を選んでみてください。明朝体やゴシック体は文字が装飾されているので手書きの文字と異なる場合が多々あり、注意が必要です。

 

姉妹サイト『美文字の書き方.com』では美文字になりたい人のために、漢字の書き方を公開しています。

漢字を書く基本ルールとコツ


きれいな字はセンスでは無く、長年の修行の成果でもありません。書き方を知るだけです。最も手っ取り早いのが人に教えてもらう事。通信講座なら誰にも知られずに気軽に学べます。

>効率的にきれいな字を手に入れる!通信教育・書籍の比較<

page top