大人らしい美文字の書き方

MENU

大人らしい美文字の書き方

「字が汚い・・・」そんなコンプレックスを解消し、大人らしい美文字を手に入れる為の書き方をご紹介します。文字はその人を表す鏡と思われ、文字だけで人格判断される恐ろしさも含んでいます。あなたがいくら優れ等才能を持った人格者であっても、書いた文字が汚ければ・・・。

 

汚文字の恐怖

 

少し前、中国の高官がある調印式で著名していました。筆記用具は毛筆です。書道の本場中国の人で、更に立場有る政治家なので、どうしても期待度は高まりますよね。というか、達筆で当然とすら思っています。

 

ところが、書かれた文字は・・・。下手を通り越してヒドイものでした。このネタはネットで拡散し、中国の国民のため息がたくさん書きこまれていました。でもこの話、中国だけでなく、日本の政治家も同じことが言えますから。

 

政治家だけでなく、教師や宗教指導者など、立場のある人に対しては、きれいな字を書いて当然と、どうしても思ってしまいます。ここで、想像以上の汚文字を書かれると、間違いなくイメージは崩れ、下手をすると信用度も一気に下がってしまいます。

 

美文字は最強の武器

 

逆に文字が綺麗な人は一目置かれます。仮に同じ能力を持った二人の人物がいた場合、文字が綺麗な方が出世の可能性が高まりますし、異性にもモテます(^_^;)

 

そんな大人らしい美文字ですが、誰でも文字は綺麗になります。美文字を手に入れる方法は、勉強する事が最も効果的で最も手っ取り早いです。また、意識を変えるだけでも徐々にですが上達します。

 

大人らしい美文字とは

 

大人らしい美文字と言うと、線をうねらせて、とめはねを強調し、極端な右上がりで、勢いに任せて書く。このようなイメージを持つ人が多いのですが、これはあまりお勧めできません。

 

大人らしい美文字は、余り書道風に書こうとはせずに、ひたすら字形のバランスを整えることを目指した方が良いでしょう。

 

字形と同時に意識した方が良いのが文字の大きさです。文字の大きさは同じ大きさで書けることを前提として、画数の多い漢字は大きく、画数の少ない漢字は中くらい、平仮名は小さく書くように意識します。

 

あとは、文字を並べた時に真っ直ぐに書かれていれば、間違いなく大人らしいきれいな美文字になっているはずです。お試しください。

大人らしい美文字の書き方関連ページ

新語「美文字」とは?
当サイト内でも頻繁に出てくるキーワード『美文字』ですが、言葉の歴史はとても浅く、新語と言えます。現在では、きれいな文字の代名詞として浸透し、普通に使言われていますよね。
美文字のコツは法則です
「美文字を書きたいと思っても、難しくて一般人には無理だろう。」「長年書道を学ばないと美文字なんて書けない。」そう思っていませんか?実は、美文字は法則を知る事で、誰にでも書けるようになります。