新語「美文字」とは?

MENU

新語「美文字」とは?

 

当サイト内でも頻繁に出てくるキーワード『美文字』ですが、言葉の歴史はとても浅く、新語と言えます。現在では、きれいな文字の代名詞として浸透し、普通に使言われていますよね。

 

美文字と汚文字

 

「美文字」の歴史

 

では、「美文字」と言う言葉が何時から使われるようになったのでしょうか?そこで、「美文字」と言うキーワードがインターネット上で検索された回数のグラフを見てみます。

 

「美文字」のキーワード検索

 

このグラフを見ると、2005年の4月に突如として生まれた言葉だと分かります。その後、2008年と2013年にたくさん検索されている事が分かります。

 

2005年の4月に生まれた新語「美文字」ですが、どこでどのように生まれたのかは、調べましたが分かりませんでした。残念。誰かがこの言葉を考え、流行らせたのは間違いないのですが…。

 

「汚文字」の歴史

 

美文字に対して汚文字と言う言葉も生まれました。汚文字と言う言葉は、美文字とセットで存在していたわけではなく、テレビのバラエティー番組で生まれた言葉です。

 

「汚文字」のキーワード検索

 

このグラフは「汚文字」のキーワード検索の移り変わりですが、一瞬で生まれて衰退している事が分かります。番組で使われた時期とかぶります。その後は、定着しなかったという事ですね。

 

「美文字」と言う言葉が生まれて…

 

少し前、テレビではおバカタレントが流行っていました。おバカであったり、天然ボケである事が、かわいい条件の一つと認識されていた風潮が生まれました。知識が少ない事をよしとする風潮は正直いかがなものかと思っていました。

 

それに比べると、「美文字」や「汚文字」でワイワイ盛り上がっている方が健全だと思います。そして、「美文字」に憧れる事、「汚文字」を解消したい事は、人間として日本人として普通のことだと思います。

 

ただし、「美文字」が良くて、「汚文字」が悪い、と言う訳ではありません。ただ「美文字」だと得ですよ〜♪と言う事です。

 

グラフを見ても分かるように、「美文字」と言う言葉は、普通の日本語として定着したように思います。そうすると、事あるごとに「美文字」と言う言葉が出てくるでしょう。

 

パソコンやスマホの時代だからこそ、「美文字」を手に入れてみてはいかがでしょう。

 

新語「美文字」とは?関連ページ

美文字のコツは法則です
「美文字を書きたいと思っても、難しくて一般人には無理だろう。」「長年書道を学ばないと美文字なんて書けない。」そう思っていませんか?実は、美文字は法則を知る事で、誰にでも書けるようになります。
大人らしい美文字の書き方
「字が汚い・・・」そんなコンプレックスを解消し、大人らしい美文字を手に入れる為の書き方をご紹介します。文字はその人を表す鏡と思われ、文字だけで人格判断される恐ろしさも含んでいます。あなたがいくら優れ等才能を持った人格者であっても、書いた文字が汚ければ・・・。