字が汚い人の印象

MENU

字が汚い人の印象

 

字が汚い人に対して、周りはどのような印象を持つのでしょうか?字が汚い事を指摘されて気になっている人、これまで字が汚い事を全く気にしていなかった人、様々いますが、字が汚い人にはどのような印象が持たれるのでしょうか?僕自身が思う事、ネットで公開されている事を元に考察します。

 

字がきれいになるには

 

まず、字がきれいとか汚いとかで人間性を差別するものではありません。あくまで印象であって、字が汚いから良い人とか悪い人とかを判断している訳ではない事をお断りします。

 

字が汚い×字が下手

 

『字が汚い』と『字が下手』を混同している場合がありますが、この両者はまったく異なります。もちろん、字が下手で字が汚い人もいますが、字が上手なのに字が汚い人もいます。

 

字が下手だと汚くなる可能性が高くなりますが、字が下手でも丁寧に書かれた文字は読めますし好感が持てます。

 

字が上手なのに汚い字とは、例えば小学校の時に習字教室に通っていて、そこそこ字が上手なのに、何故か読みづらいような字です。これは、読み手の事を考えずに独りよがりになっている事が考えられます。

 

※行書・草書だから読めないとは違います。

 

字が汚い人の印象

 

字が汚いとどのような印象が持たれるのか?残念ながら字が汚いと良い印象は持たれません。たとえ、素晴らしい内容の手紙だとしても、文字の印象が先行してしまい、内容の半分も伝わらないでしょう。

 

入社試験でも、間違いなくマイナスに働きます。例えば、同じ学歴で同じ能力の希望者が2人いたら、字がきれいな方の履歴書を選びます。正確に言うと、字が丁寧に書かれている方ですね。

 

幼い字

 

また、汚い字は幼い字に見られがちです。字が幼く書かれていると、書いた人間の精神も幼いのでは?と疑問を持たれます。丁寧に書いたとしても字が幼い場合、本当に損する事が多いです。

 

最近は、国政でも幼い字の政治家が多いです。TVとかを見ていると、ビックリするような字を書く政治家が本当に多くて残念です。

 

「字で人を判断してはいけない」と思いたいのですが、どうしても印象に残ってしまいます。特に政治家の場合、口では威勢の良い事を言っていても、書かれた字が幼い字ならば、話を聞きたくなくなりますよね。

 

汚い字はダメ?

 

汚い字を書く事がダメと言う訳ではなく、政治家や学校の先生など人の上に立つ人間であれば、たしなみとしてきれいな字を書けるべきだと思います。

 

それは、書家のような凄い字の必要はありません。誰にでも読める普通の字を丁寧に書くだけの事です。政治家であれば、今は字が下手でも、解消するように1日10分でも練習するべきでしょう。

 

ちょっと、厳しい事を書きましたが、書く文字はその人を印象付けてしまうのは事実です。子供でも大人でも、普通のきれいな字なら誰でも書けるようになります。しかも、そんなに一生懸命練習する必要もありません。もし今、自分の字が汚いと感じているのなら、ちょっと意識してみてはいかがでしょうか?

 

字が汚い人の印象関連ページ

字が汚い人の特徴
字が汚い人の特徴を考えてみます。字が汚い事に対して、気にしていない人はそれでいいと思います。字が汚い事に対してコンプレックスを持っている人、何とかしたい人だけ考えてみましょう。
字が汚い人は天才の理由
「優秀な学生の大多数は字が汚い」という話をよく聞きます。例えば、日本でもトップクラスの難関大学の学生は、大多数の字が汚いそうです。これをどう考えたらいいのでしょうか?