小学生が「字がきれいになる方法」

MENU

小学生が「字がきれいになる方法」

 

自分のお子さんの字に悩んでいる親御さんはたくさんいます。小学生が「字がきれいになる方法」はどうしたら良いのかを考えてみます。

 

字は一生の宝物

 

小学生はどうにでもなる

 

小学生であれば、少しのきっかけで、文字が汚くなる事も、文字がきれいになる事もあります。小学生の時に字がきれいになれば、将来字が汚くて悩むことは無いでしょう。

 

逆に小学生の時に字が汚いままだと、いずれは修正しなくてはいけない時が来ます。それでは、小学生の時から習字教室に通えば字がきれいになるのでしょうか?

 

習字教室ときれいな字

 

小学生の時、習字教室に通う子もたくさんいると思います。書道コンクールで賞を取る子供もいるでしょう。ここで1つ注意する事は、習字を学んでいる子供がきれいな字になるとは限らないと言う事です。

 

勿論、習字教室に通う事で、普段書いている字も綺麗になる子供もいます。しかし、習字は上手に書けているのに、普段書く文字が汚い子供もいます。一見不思議な現象ですが、これは事実です。理由は幾つか考えられますが、まずは性格の違いが原因に上げられます。

 

鉛筆の持ち方

 

本当に正しい鉛筆の持ち方を知っていますか?鉛筆は力を入れません。その為に、長い文章を書いても疲れません。この持ち方は、大人になってから修正するのはとても困難です。

 

もし、あなたのお子さんが「ぎゅ〜っ!」と力を込めて書いていたら修正してあげてください。そもそも文字は、正しい姿勢、正しい持ち方で書かれる事を前提で作られています。鉛筆の持ち方はきれいな文字を書く際の第一条件になるのです。

 

意識だけで変わる

 

正しい鉛筆の持ち方ができたら、きれいな字とはどんなものなのかを意識付けしてあげます。きれいな字とは小学生の時であれば教科書の印刷の文字で構いません。できるだけ、教科書の文字のように書く事を意識させてください。※明朝体ではなく教科書体です。

 

子供はきっかけを与えると自ら増幅させていきます。つまり、「教科書の文字のようにきれいな字を書く事は良い事」と刷り込むことで、普段、学校でノートに文字を書く際も頭の片隅に「きれいな字を書く」と言う意識が残り、勝手に意識を高めていくのです。

 

意識の高い子

 

前出の習字教室の話ですが、まさに意識の違いが出るのです。意識が高くて習字教室に通っている子と、意識が薄く習字教室に通っている子では、普段書く文字が全く異なってきます。

 

ちなみに、習字の作品自体はそんなに差が出ません。なぜなら、その場でお手本を見て書くと言う作業は、見たままを具現化する器用さがあればできてしまうからです。

 

スパルタは意味が無い

 

では、スパルタ教育で字が上手になるかと言えば、なりません。大切な事は、「鉛筆は正しく持つのが良い事」「字は教科書のようにきれいに書くのが良い事」という価値観を植え付ける事です。この価値観の植え付けに成功すれば、子供は勝手にきれいな字を書くようになります。

 

子供にきれいな文字の価値観を植え付ける前に、まず親御さんがきれいな文字への知識を深める事をお勧めします。大人になると実際に鉛筆の持ち方を修正したり、くせ字を修正する事は困難でしょう。しかし、やろうとする気持ちが必ず文字に現れてきます。

 

大変だとは思わずに、楽しむつもりで実践してみてください。

 

小学生が「字がきれいになる方法」関連ページ

きれいな字とは?
字を書くのが苦手な人にとって、きれいな字とはどのような文字の事を言うのでしょうか?「字がきれいになりたい」と漠然と考えても、どのような字か分からないと前進しないものです。
きれいな字を書くコツ
美文字までとはいかない、一般的に使われる『普通にきれいな字』を書くコツをご紹介します。普通にきれいに書くコツは大きく分けて3つのポイントを抑えるだけです。
きれいな字になる練習方法
字が汚くて悩んでいる方、美文字に憧れている方、きれいな字になる練習方法をご紹介します。今、書いている字が汚くても字はきれいになります。美文字を学ぶことに年齢性別は関係ありません。
鉛筆の持ち方
きれいな字を書くためには、正しく鉛筆(ペン)を持つ事が大切です。正しい鉛筆の持ち方の形、直し方をご紹介します。また、おかしい鉛筆の持ち方もご紹介します。
きれいな字の書き方〜漢字〜
漢字をきれいに書きたいと思っても、漢字はたくさんあるのでどうしたら良いか分からなくなります。そんな時は小学校1年生で習う漢字だけに集中する事をお勧めします。
きれいな字の書き方〜ひらがな〜
ひらがなは漢字に比べると画数が少なく、曲線が中心に構成されているので、きれいにかくのが難しく感じると思います。ひらがなをきれいな字にする為のコツをご紹介します。
きれいな字の書き方〜カタカナ〜
カタカナは直線中心に構成されている為、ひらがなと大きな違いがあります。直線中心なので、漢字に近い書き方となり、ひらがなに比べると簡単に感じると思います。
きれいな字の書き方〜数字〜
きれいな字を書く人は、数字もきれいに書きます。ちょっとしたコツですぐにきれいになる数字。そんな、アラビア数字と漢数字をきれいに書くコツをご紹介します。
きれいな字の書き方〜アルファベット〜
漢字・ひらがな・カタカナ以外にも、きれいな字はアルファベットにも応用できます。アルファベットの大文字と小文字についてきれいな書き方をご紹介します。
きれいな字の書き方〜名前〜
字が下手でコンプレックスを持っている人が、きれいな字を書きたいと思った場合、まず覚えたいのが「自分の名前」をきれいに書く事です。パソコンや携帯の普及で、手書きで文字を書く機会は減りましたが、名前を書く機会だけは大きくは変わらないと思います。まずは名前だけでもきれいに書けるように練習してみましょう。
中学生の「字がきれいになる方法」
中学生のお子さんの字が汚い。そう思っている親御さんは少なくありません。中学生の「字がきれいになる方法」はどうしたら良いのかを考えてみます。